朝日新聞を謝罪の連発に追い詰めたことで週刊文春は活気付いているように思えます。

今日の新聞広告も躍動感があります。

まず目に付くのが「朝日新聞メルトダウン」という見出しです。

うまい表現だと思いました。

朝日新聞がこれまでやってきたことを考えれば、あとは何もしなくても自ら滅んでいくという意味だと思います。

現に木村社長の謝罪会見後も、耳を疑うような過去の朝日新聞の愚行がたびたび報道されています。

週刊文春に限らず週刊新潮をはじめとする他の週刊誌も朝日新聞に対する追及の手を緩めようとしません。

なぜでしょうか。

虚偽の吉田証言に基づいた慰安婦報道によって国際社会で日本が失った信用があまり大きすぎるからです。

しかもその点について朝日新聞はダンマリです。

いや、ダンマリどころか別の問題(戦時中の女性の人権問題)に差し替えて同じように主張していくというスタンスを明確にしています。

日本の国際的地位をさらに落とすことで朝日新聞が勝利するか、読者・スポンサーがいなくなって敗北するか。

戦いはまだまだ続くことでしょう。