「穂のしずく」にはライ麦由来の植物性プラセンタが使われています。

プラセンタということでその副作用を心配される方も多いです。

まず、プラセンタにはヒトや馬、豚など動物性のものと、穂のしずくに使われているような植物性のものがあります。

しかし、同じくプラセンタといっても、動物性と植物性ではまったく違うもののようです。

プラセンタの最大の特徴は成長因子です。

これは、細胞を増殖したり、不要な細胞を除去して適切な状態にしたりするものです。

動物性プラセンタにはこの成長因子が含まれていますが、植物性プラセンタにはまったく含まれていないようです。

ですから、植物性プラセンタは通常の栄養価の高い食品と同じものと考えることができ、

そもそも副作用について心配する必要はないといえます。

ここで誤解のないように言っておきます。

成長因子を含む動物性プラセンタであっても、これまで副作用を引き起こしたという報告はまったくないようです。

では、穂のしずくを過剰摂取した場合でも副作用とかはないのでしょうか。

穂のしずくの摂取目安は1日1粒です。

これを守っている限りは何も心配する必要はありません。

しかし、効果を急ぐあまりたくさん飲んでしまう人もいます。

穂のしずくを愛用している美容ライター・錦織なつみさんです(公式サイトにも登場)。

彼女は最初は1日2粒飲んでいたようです(1日5粒という日も)。

それでも何ともないようです。

ただ、穂のしずくは1粒あたりで計算すると決して安いものではないので、1日1粒で十分だと思います。

>>> 穂のしずくの詳細・公式サイトはこちら








【関連記事】
穂のしずく※不妊・更年期・PMS・最安値価格【楽天・Amazon】